オムニバスコンテストクラブでは、アマチュア無線を通した趣味社会特有の共通した空間とゆらぎの中で、互いの主義主張を認め合いながら心豊かな人間関係を育み、世界中の人々と交流を図り、友情の輪を広げて行きたいと考えています。

クラブの活動はコンテスト運用だけでなく、コンテストに必要な設備作りから、保守運営までの共同作業を「会員の 相互理解に基づくボランティア活動」のもとに自由参加形式で行っています。コンテスト結果はもとより、共同で行なう日常の作業が目的達成のための源流であり、活動そのものでもあると考えます。活動の理念を理解のうえ会則に従って頂ければ、どなたでも入会を歓迎いたします。もし、このWEBをご覧になり、興味をお持ちになられた方がありましたら、お気軽にご連絡ください。

オムニバスコンテストクラブの活動拠点は、栃木県大田原市の山中にあり、低いながらも尾根の部分にアンテナが設置されています。コンテストファームの面積は約6000㎡あり、9本のタワーとシャックや簡易宿泊所、電源設備が設置されています。地面には雑木や篠竹が茂り、それらの刈り込み作業も設備保守作業のひとつです。現在は設備の設置工事が一段落し、1.8MHzから28MHzまでの、6バンドにて同時運用が可能です。コンテストログに外国製のWTログを使用しているために、国内のコンテストへの対応が出来ず、海外コンテストへの参加が多くなっていますが、基本的にはHFでのコンテストジャンルは問いません。設備の完成に伴い、今後は出来る限り多くのコンテストに参加し、クラブの趣旨を全うできるような活動を続ける所存です。

クラブ設備の運営は活動理念に基づく、ボランティア活動が基盤となっています。そのため、その内容は問いませんが、会の活動に参加できることが入会の条件になります。会費については、会の活動状況が不定期なことなどを踏まえて、年間会費等の徴収は行わず、コンテスト参加者より運営費として燃料代相当の負担をお願いしています。入会には既会員の推薦と書類による所定の手続きが必要です。お手数ですが会員リストに載っている最寄の会員をお訪ねください。

Omnibus Contest Clubに関するお問い合わせは、オムニバスグループ代表omnibus-contest-club@freeml.com までお願いします

= JA1YPA =